Licht Bestreben プラットフォームシューズ

ブランド licht bestreben 18-19aw 秋冬新作
型番 LB18AW-SHOES01
販売価格 69,120円(税込)
購入数
サイズ
カラー

<img class='new_mark_img1' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />Licht Bestreben プラットフォームシューズ

視界と共に気分も上がる
厚底レザーシューズ

licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ  

「シーズンテーマMYCONTEMPORARISM」
繰り返されるリバイバルなどの流行(現代性)ではなく、今の時代感を象徴する、真の現代性が感じられるコレクションを創造。
Licht Bestrebenが考える現代的な素材や、建築や現代アートと衣服を繋ぎ合わせ、Licht Bestrebenが解釈する現代性を表現されています。
(Tokyo新人デザイナーファッション大賞 入賞コレクション)

圧倒的なボリューム

licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ ソール  

ソールは、ソフトなネオプレーンにEVA、それにビブラムソールを重ね合わせた3層構造。
ボリュームを持たせたソールによって、圧倒的な重量感が感じられます。
さらに、ソールのネオプレーン部分は、コットン生地を巻きつけた仕様。
同色ながら質感と色のトーンによって、3層構造のラインが豊かな表情を生み出しています。
ソールのつま先と踵部分は、ランニングシューズを意識した滑らかなライン。
ヒール部分は後ろに大きくせり出しており、重厚感を高めたオリジナルなソールに仕上げられています。
また、ソールの裏を見てみると、いびつな凹凸がお目見え。
雪をしっかりと噛むスノーブーツのようなソールデザインが、男心をくすぐります。

スニーカーのようなフィット感

licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ 履き口  

ふっくらとした滑らかで丸みのある足首周りのフォルムと、内側に張られたコットンの表情は、レザーシューズというよりも、まるでスニーカーのよう。
足首周りの内部にはスポンジが挿入されており、スニーカーのように包み込まれるフィット感を再現されています。
また、フィット感を高めるベルクロストラップの奥には、強度のあるゴムを配置。
強いキックバックが備えられているため、紐なしでも十分フィットする作りになっています。

現代性を表現

licht bestreben リヒトベシュトレーベン ベルクロ   licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ ヒールストラップ  

ベルクロストラップのデザインは、世界的な建築家、安藤忠雄の建築にインスパイア。
安藤建築で見られるコンクリートをくり貫かれたデザインのように、中央に直線的なくり貫きが加えられ、陰影のある表情を生み出されています。
また、ヒールストラップには、シーズンテーマMYCONTEMPORARISMのロゴを刻印したPVCを採用。
建築の要素とLicht Bestrebenが考える現代的な素材を取り入れる事で、コンテンポラリーな雰囲気が感じられるレザーシューズに仕上げられています。

履いてみました

licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ 試着画像  

※以下の文章は、実際に履いた際の個人的な体感が基になっております。
着用感を確実に保証するものではありませんので、予めご了承いただき、ご参考いただけたらと思います。


スタッフ岸村がサイズ40を試着・・・足裏実寸23.5cm×9cm/普段は25cm〜25.5cmの靴を履きます


今回の試着は、薄くもなく厚くもない、オールシーズン用のくるぶしソックスにて着用しました。
履き口はスポンジでフックラとしている事もあり、スポッと入るというよりもグッと足を入れる感じ。
僕の足は小さめですが、タン(ベロ)部分を手で持ちながら履かないとタンが前にズレてしまうようなフィット感があります。
スニーカーのように柔らかに足首周りを包み込むので、ツルッとした薄口のレザーシューズとは全く違う履き心地。
靴の内側はコットン生地が張られているため、いい意味での摩擦感があり、クッと足が留まるような感覚が得られます。

  licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ フィット感  

横幅は、ピタッと固定されるようなフィット感。
ベルクロを留めずに片足をブラブラさせても脱げ落ちることはありませんでした。
タンの上に配置されている強度なゴムの効果もあり、足のサイドから甲にかけて隙間なくフィット。
グッと固定されるような感覚はありますが、強い圧迫感はなく、長時間履いても大丈夫そうです。
さらに上からベルクロで固定する事ができるので、紐なしのデザインですが安心感があります。

歩いてみました

licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ ヒール感触   licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ トゥ感触  

厚底という事もあり、履くまでは歩きにくい印象がありましたが、実際はそのような事は感じられませんでした。
つま先と踵部分のソールがランニングシューズのようにカットされているので、滑らかな歩き心地。
その滑らかさに少し快感が得られるほど、スムーズに歩く事ができました。
ボリューミーな靴ですが、そこまで重さは感じられないため苦にならない履き心地。
スニーカーみたいな軽さとは言えませんが、重厚なワークブーツやマウンテンブーツよりも軽い印象に感じます。

  licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ 歩行  

ただ、僕の足の大きさだと、横幅で固定されているものの縦では固定できていないため、つま先で地面を蹴った後、踵が少しスコッとズレ出ます。
歩く分には問題は感じられませんが、長時間歩き続けるとなると、踵に靴擦れが起こるような気がします。
僕の場合は、厚めの靴下を履いての着用が好ましいのかなと感じました。
つま先部分にできた空間は、2.5cmほど。
横幅も関係してきますので一概には言えませんが、足裏の実寸が25.5cm未満の方であれば履きやすいのかなと思います。

  licht bestreben リヒトベシュトレーベン プラットフォームシューズ 立ち姿  

履いて一番に感じたのは、視界の違い。
6cmほど身長が高くなるので、見える景色が新鮮で見晴らしが良く、気分が高鳴ります。
非日常的な視界が広がり気分転換になりますので、休日用の靴に最適ではないでしょうか。
さらに足長効果も得られるため、スラッとした印象に。
テーパードパンツやスッキリとしたシルエットのパンツと組み合わせると、足長効果が高められるため、スラッと見せたい方は、そのようなパンツとの組み合わせがお勧めです。
自然と目が行くボリューム感と、品を漂わすレザーの質感が特徴的なレザーシューズ。
表面的なデザインだけでなく、履いた人にしか味わえないこの心地よさを、ぜひご体感ください。



着用モデル 身長160cm 体重50kg 着用サイズ40

サイズ 全長(内) 幅(内) 全長 全幅 高さ(前・後) ソール高さ(前・後)
40 約26cm 約9.5cm 29.5cm 10cm 9-15.5cm 5.5-6.5cm

※全て平置きにて採寸しております

※足裏の実寸と、靴の内側の採寸を照らし合わせ、ご検討ください

※高さの数値にはソールが含まれております

型番:LB18AW-SHOES01

素材:牛革、ビブラムラバーソール,一部分 PVC100%,内側 綿100%,内側底 牛革

生産国:日本

洗濯表示:-


Item Search

海外発送/国際配送サービスの転送コム